So-net無料ブログ作成

地球温暖化とエコ 日本の目指す道は? [生活]

どんどん、地球が温暖化しているそうだ。
前から、指摘されていたけれど、事態は、深刻化している。
この間、TVで、沈没しそうになっている島や、
なくなりそうな海岸とかが、紹介されていた。

今回の7月の異常な強大台風も、地球温暖化の影響だという。
えーっ、台風まで強くしてしまうんだ、地球温暖化って!!!???
台風だけとっても、何とかしなければいけないのが、地球温暖化だ・・・・

「日本沈没」って映画があったけど、あれは、架空の地殻変動が原因だった。
でも地球温暖化で、海面が上がり、「日本沈没」となると、
より現実感があり、とても恐ろしい。

CO2の排出は、アメリカと中国が、世界で一番多い。
でも、日本だって、アメリカや中国よりは少ないけど、相当の排出をしている。
そう、日本は、地球温暖化の犯人の一人だ、と言っても過言ではない。

それに、世界中に、日本の自動車が蔓延っているので、世界中で、
日本製の車から、CO2が、排出されている。
だから、日本の責任は、想定以上に、大きいのではないか。

問題が地球規模なので、日本だけ頑張っても、仕方が無いが、
それにしても、日本の危機感の無さは、世界トップレベルだ。

世界のかなりの国が、バイオ燃料に走っている。
日本は、何もしていない。もちろん、国土が狭く、穀物をかなり
外国に依存している日本には、自ずから、限界がある。
日本は、石油に代わって、バイオ燃料を自給自足できる国ではない。

バイオ燃料が増加している影響で、例えば、アメリカでは、
大豆とか、オレンジの作付けが減って、収穫が激減している。
そして、日本の伝統的な豆腐の原料の大豆が、入手困難になりつつあるという。

私が大好きだった、100%オレンジジュースが、今は、全然、手に入らない。
地球温暖化が、家庭のジュースにまで、影響してくる世の中に、なってしまった。

自動車を、今まで通り、使うという前提で、バイオ燃料に走るのは、
本末転倒だと思う。
食糧危機も長く叫ばれてきたが、食糧危機が、無くなった訳ではない。
バイオ燃料に走れば、ますます、食い物が無くなっていくんだ。

だから、自動車を使うことを、制限しない限り、地球温暖化は防げないと思う。
本当に必要な場合だけ、自動車を使うんだ。
あとは、徒歩とか、自転車とか、

数日前のニュースで、パリ市内では、市長が先頭に立って、
自転車を、奨励する運動が、起きているという。
いや、さすが、パリっ子だね。極めて、先駆的だ。

ところが、日本という国は、自動車を売って、成り立っている国と言っても
過言でない(この言い方、多いなあ・・・)。
だから、自動車に乗らないようにしよう、とは、なかなか、言えない国なんだ。
悲しい話ではある・・・・・・・

自動車道をどんどん作り、鉄道や路面電車を、どんどん、廃止していく、日本。
日常生活でも、ちょっとしたことで、車を使う日本人。
近所の買い物とか、タバコを買いにいくのも、車を使う。

そんなことに、車を使わないで、徒歩や、公共の交通機関や、自転車などで、
ノーカーの生活を始めて欲しい。
私は、もう、始めている。

そして、理想的には、日本が、自動車産業に代わる、産業を打ち立てて、
自動車の販売から、手を引けたら、いいんじゃないかと、思う。
ロボットとか、ITとか、医療とか、アニメとか、まあ、よくわからないけど、
優秀な日本人が、本気でやれば、その産業は、世界でトップの産業になるかもね。



nice!(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。