So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「遠くの空に消えた」中途半端なファンタジー映画に行定監督の限界を見た [大後寿々花]

行定勲監督の作品は、正直、いいとは、思っていない。
「きようのできごと」は、ちょっと、変わっていて、面白かったけど。
セカチューや「北の零年」は、ちょっと、どうもね・・・・

だから、2007年8月に公開された、行定監督の
映画「遠くの空に消えた」も、そんなに、期待していなかった。
ただ、大後寿々花さんが、出演している、という興味だけで、新作DVDを
レンタルしてみた。ファンタジーであることは、かなり、覚悟したつもりだ。

で、確かに、ファンタジー映画だった。でも、中途半端なものだった。
空港のコンクリートに、埋もれたスニーカーを、題材に、
空港建設反対とか、わずかな現実の、粗筋は、あったような気がしたが、
もちろん、私の、勘違いかもしれない。
ストーリーがないと、覚悟していたので、その点は、云々しない。

じゃあ、私は、つまらなくて、寝てしまったか、といえば、ちょっと、
そうなりそうな時もあったけど、なんとか、144分の、この映画の
長丁場を、乗り切ったのだった。自分を、褒めて、あげたい・・・・
やっぱ、長すぎるぜ、ファンタジーだけで、144分は!

寿々花さんが、どうだったかというと、うーん、十分、使われていないね。
とても、可愛らしくて、眼が澄んでいて、それは、良かったのにね。
行定監督は、父を亡くした少女・ヒハルで、何を伝えたかったのか、
よく分からなかった。
ついでに、書いておくと、神木隆之介さんの、使い方も、イマイチだった。

父を信じて、いくことが、大切と、言いたかったのか??
いや、父だけじゃなくて、人間を信じることが、大切。

まさか、UFO話を持ち出して、夢は大切、なんて、陳腐なことを、
言いたかったんじゃ、ないよね???
まあ、あの天体望遠鏡だけは、面白かった。私も欲しいな。

「遠くの空に消えた」ものを、行定監督は、懐かしがっているだけなのか?
さらに、大人になった、行定監督が、子供に戻って、やってみたいことを、
羅列しただけなのか??

空港建設が、奪った、草原や、林や、多くの動物たち。でも、
この映画に、自然を守ろうという、メッセージが出ているとは、思えない。
ただ、懐かしがるだけの、無力なスタンス・・・・

立小便、牛糞バクダン、検便、等々のイタズラ。
夢精や、初恋の挫折。
とっても、愉快で、面白いけど、いつの時代の、誰のエピソードか、
分からない、気持ち悪さ。やはり、行定監督のノスタルジアか。

ハト屋敷の、ハト男。伝書鳩を飼いたいと、行定監督は、思っていたのか。
いや、飼ったことがあるのか。いずれにしても、私は、ハトに興味はない。
ただ、ハトを殺戮するシーンを、入れて欲しくなかった。必要だったのか?
ファンタジー映画だからって、わけじゃないけど、そういうので、
現実に、引きも戻されるのはイヤだ。

風景は、とても、綺麗な映像が、多かった。こういうのは、行定監督も、
得意なのかな。ともかく、絵になる。
空港反対派の集会での、楽団音楽のシーンの、賑やかさも、絵になる。
こんな集会は、現実には、有り得ないけどね。
反対派たちの、デモ行進も、絵になったね。
行定監督は、無意味でも、そのシーンでの、絵を作るのは、上手だと思った。

背中に、作り物の羽根を付けた男は、いったい、なんだったのか??
空を飛びたかった、行定監督の、過去の願望か。いや、今の願望かも!?
それに憧れる、学校の先生(伊藤歩さん)も、なんだったのか??
伊藤さんも、もっと、うまく使って欲しかったな。

空港建設の責任者は、建設予定地の出身という、設定の無意味さ。
その責任者を演じた、三浦友和さんの、演技の、レベルの低さ!!
彼の演技は、ファンタジー映画じゃあなくて、一人だけ、
ドキュメンタリーぽく、場違いな演技をしていた。

同じベテラン俳優でも、地主を演じた、石橋蓮司さんは、その辺りを、
よく、心得ていて、必死になりがちな、空港建設反対派のイメージを、
緩和してくれたんじゃないか、と、感心した。

最近、人気の、小日向文世さんも、いい味出していたね。
あの求愛のダンスのシーンがあったので、この映画は、救われた。

ベテラン女優の、大竹しのぶさんは、お飾りの役柄で、ちょこんと、
座っていたけど、あの啖呵は、よくないねえ! 
シャレにならない。ファンタジーにならないし・・・・・

あれで、いっぺんで、醒めてしまったよ、私は。
明石家さんまさんの怯えた顔が、私の脳裏に浮かんでくるような、
半端な演技じゃ、どうしようもないぜ!!

ミステリーサークルのオチは、まあ、どうってことなかった。
これで、この映画が、面白くなったとも、思えない。
結局、空港は、出来てしまったんだし・・・・・
行定映画は、今後も、苦難の道を、歩みそうだ。







nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。