So-net無料ブログ作成
検索選択

湘南国際マラソン 完走したけど、もう二度と走りたくない訳は・・ [スポーツ]

3月16日(日)に開催された、第2回の湘南国際マラソンに、参加して、
10kmの部で、1回も歩かないで、完走した。天気も良く、完走できたことは、
まあ、それは良かった。

ただ、来年は、もう、行かないと思う。

昨年は、江ノ島スタートで、江ノ島ゴールだったが、今回は、大磯ロングビーチ
スタートで、大磯ロングビーチゴールに、変更された。
その理由は、昨年の台風で、コースになっていた西湘バイパスが、一部、
壊れたため、となっている。

昨年は、江ノ島内が、狭すぎて、参加選手や、スタッフや、応援の人たちで溢れ、
場所的にも、不適かな、なんて、私は、思ったものだ。
そんなこんなで、今回、不吉な予感を感じていた。

10kmは、9時スタートで、JR東海道線に乗ろうとしたら、
このマラソンの参加者などで、すし詰め状態の満員電車だあーーー?!!
日曜の朝早くから、こんな満員電車、見たことないぜ。
大磯駅に着くまでに、もう、疲れきってしまった。

困難は、まだ、続いた。
無料シャトルバスの乗り場まで、10分以上も歩かなくては、いけないのだ!
大磯駅は、駅前が狭くて、海岸まで出ないと、広い場所がなかったのだ。
私は、湘南の地元なので、駅前から、路線バスで、行ったが、
降りたバス停からも、けっこう、歩かなければならなかった。

プリンスホテルの広場は、江ノ島よりかは、広かったけど、
仮設トイレが、超少なくて、おしっこするのに、難儀したぜ!?
ともかく、あまり、開放感は、なかったな。

で、スタート地点だけど、もろ、西湘バイパスの自動車道の上だ。
だから、応援する人たちは、スタート地点に、近づくことも、出来なかった。
ちょっと、わびしい状況だよね。

スターターは、萩本欽一さんだった。生欽ちゃんを、初めて、見た。
スタート地点の横に、くみ上げられた、やぐらの上で、スタートの号砲が
鳴らなかったらゴメンね、なんて、冗談を言っていたが、
実際に、本番で、本当に鳴らなかったのは、やはり、ギャグだったのか???

さらに、東国原知事が、30kmを走るというので、欽ちゃんの横で、
挨拶していた。しかし、この知事は、何をやっているのかな??
走っている間に、宮崎県で緊急事態が起きたら、どうするんだろう??
まあ、そのまんま東さんは、宮崎県はどうでもよくて、そのうち、
国政選挙に、打って出るつもりなんだろう。

走ってみて、一番、ひどかったのは、1km毎の表示が、全然、無かったこと。
いやいや、言い直すと、km表示は、1つもなかった!!!???
私みたいな、ど素人ランナーは、自分のペースなんて、当てにならないし、
自分の腕時計と、km表示だけが、頼りなのに・・・・・
折り返し点にも、給水所にも、表示は、無かった。

おかげで、私は、中盤に、大きく中だるみしてしまい、コース脇の
スタッフに、あと何kmか、聞いて、7km地点だということを、
把握する始末だった。
のこり3kmを、スパートして、なんとか、ゴールしたが、
記録的には、ここのところでは、最悪だった。

自動車専用道路が、レースのコースなので、沿道の応援の人が、
ほとんどいなくて、それも、とても、寂しいレースだった。
全然、力が、出なかった。

10kmのレースで、折り返し点が、2つもあったのも、気に入らない。
その理由も、30kmのレースを、優先しているためじゃないかな。
なんか、バカにされている気分だった。

10kmのコースに、給水所が、1箇所しかない、というのも、
他のレースでは、聞いたことが無く、ウォータージェルを、2個、
腰に付けて、今回は、走ったのだった。

振り返ってみると、このレースをサポートしていた個々の人々は、
よくやっていて、それは、深く感謝するけど、
ランナーに対する、配慮に欠けた、運営の部分もあり、
私は、もう、2度と、このようなマラソンレースには、参加しない、と、
心に、決めたのだった。

来年は、同じ時期に、以前、走っていた、三浦国際マラソンに、
戻って、10kmを、走りたい、と、考えている。






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。