So-net無料ブログ作成
検索選択

「斉藤さん」最終話 友だちのあり方が、不透明な真野の言葉 [TV]

最終回になって、とうとう、斉藤全子(観月ありささん)は、
日本を離れて、はるか、地球の果て、南アフリカのケープタウンに、
移住することになった。

今回は、それにまつわる、「別れ」が、テーマだった。
いや、「別れ方」かな?
この別れ方に関して、斉藤と、その親友・真野若葉(ミムラさん)は、
極めて、対照的だった。

斉藤は、真野と別れることに、後ろ髪を引かれる思いだけど、
あっさり、真野を見切ることが、一応、出来た。

一応と言ったのは、このドラマでは、斉藤は、心理的に動揺して、
ベタベタしてくる真野に、暴言を、吐いてしまうから。
今回、この暴言について、斉藤を擁護する意見が、真野の夫(佐々木蔵之介さん)
から、出ていたが、それは、おかしいと、私は、思った。

斉藤は、クールに別れるなら、それに、徹すべきだったと思う。
斉藤は、離日の数日前、真野と、仲直りを兼ねて、ショッピングをしたり、
いろいろ、遊んだりした。それが、斉藤の、真野に対するお別れだったという。
斉藤が、自分の主義を、通すなら、こんなことは、するべきでなかった。

ある有名な映画監督が、「さよならだけが人生だ」という言葉を残しているが、
私は、全く、この言葉に、同意だ。
一期一会」の精神で、人と付き合うべきだ、と、日頃から、思っている。

別れの儀式を、私は、不必要と言うつもりは、無い。
しかし、どんな友だち付き合いも、長い人生では、「さよなら」の連続だ。
ことさら、改まって、別れの儀式をするのは、返って、冷たいような気がする。

いつも、さよならをしながら、それでも、何年も、何十年も、続く、
そういう、友だち関係があるならば、それこそ、本当の親友と、言えるだろう。

一方の真野は、親友・斉藤との別れに、なかなか、けじめが付けられないでいた。
その理由は、1つには、真野の性格が、粘着質で、ベタベタしていることがある。
さらに、依存心が強く、自立心が希薄なため、意思が強い「友だち」が
そばにいないと、不安でしょうがない、ということもある。

ただ、真野が、空港で、涙ながらに、斉藤に語った言葉には、呆れてしまった。
真野は、自分のために、人生を通じて、ずっと、斉藤に、そばにいて欲しい、
だから、とても、つらいと、言ってしまったから。

真野は、自分の都合ばかり考えている、ジコチューの主婦だったのだ。
どっちかというと、斉藤のほうが、かなり、厳しい状況だ。
日本の家族や親戚、友人たちと、全て、別れて、
南アフリカという、異国で、暮らさなければ、いけないから。
たとえ、夫と、息子の淳一が、一緒だったとしても・・・・・・・・

真野が、斉藤の本当の「友だち」ならば、クッキーと手紙を、
わざわざ、空港まで、持参することが、やるべきことだったんだろうか??
サポートされるべきは、真野ではなく、斉藤だったと思う。

だから、斉藤が、涙を見せずに、クールに別れたい、と言ったら、
そうしてあげるのが、真野の友だち甲斐というものじゃないだろうか?

真野は、斉藤が、自分のそばにいるメリットばかり、並べ立てた。
ということは、そばからいなくなったら、メリットはない、ということなのか?
もう、友だちの価値がない、と言いたいのだろか???

もし、真野が、斉藤の本当の「友だち」なら、
ケープタウンに行った斉藤と付き合うことに、どんなメリットがあるのか、
まず、そこを、明らかにすべきだ。
そして、どうやって、付き合うのか、それを、現実的に考えるべきだ。

そうでないと、友人関係は利害関係、という言葉どおり、
真野と、斉藤の友だち関係も、消滅していくだろう。
まあ、私が、ここまで、深く考察するような、TVドラマでも、ないか!

今回も、ミムラさんの演技は、絶好調だった。拍手したい。
依存心が強く、決断できない、真野にそっくりの、多くの日本の主婦は、
真野を、リアルに演じたミムラさんを通して、すごい、共感を得たと思う。
ミムラさんの、今後の女優としての活躍に、大いに、期待したい。






nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。