So-net無料ブログ作成

悪徳金融が起こしたサブプライム問題 日本でも起こるかも!? [事件]

昨年から、サブプライム、サブプライムと、大きな話題となってきた。
このサブプライム問題で、アメリカは、株価暴落など、かなりの
ダメージを受けているそうだ。

アメリカだけでなくて、欧州や日本も、大打撃と、聞いている。
ニュースで、日本の銀行が、サブプライム問題により、多額の損失を出した、
と、報じていた。

ところが、私は、金融とか、経済問題に疎くて、サブプライム問題が
何のことやら、全然、分からなかった。

そこで、何かいい入門書はないか、と、書店で探したところ、
「サブプライム問題とはなにか―アメリカ帝国の終焉―」という、
新書を見つけて、よさそうだったので、読んでみた。

2007年11月24日に出た本で、今年の2月22日に、
第6刷となっているから、けっこう、売れている新書なのだろう。

まず、「サブプライム」の意味だけど、プライムとは、通常の住宅ローンのこと。
サブプライムの住宅ローンは、プライムより、3%程度、金利が高い。
このサブプライムローンの中には、2種類あって、通常のサブプライムと、
多額の手数料がオンされ、実質的に略奪的貸付である、サブプライムがある。
問題となったのは、当然、後者だ。

では、なぜ、多くのアメリカ人たちが、悪質なサブプライムローンに
やられてしまったのか???
それには、いろいろな要因があると、この新書では、書いてある。

まず、私が知らなかったのは、アメリカの資本家や投資家たちが、
暴落した株式市場に見切りをつけ、住宅市場に、参入してきたことだ。
だから、アメリカの住宅市場に、莫大なお金が、投入され、
うまくやれば、大儲けできるチャンスが、生まれたので、多くのアメリカ人が、
住宅ローンに目を付け、一攫千金を、夢見たという。

元々、移民も多い、多民族国家のアメリカでは、住宅取得の願望が強く、
仕事が成功すれば、もちろん、叶うが、成功しない人でも、家を持ちたいんだ。
まあ、それは、日本人も、同じだ、と、思うけどね。

で、そういう成功しない、お金のあまりないアメリカ人に、サブプライムの
住宅ローンが、魅力的に、見えたのだった。日本人からすれば、プライムよりも
3%も金利が高い、サブプライムの住宅ローンに、慎重になる、と思うけど、
そこは、アメリカ人気質。今がよければ、いいんだ、つう、ノリで、
ドンドン、サブプライムローンを、借りてしまったんだな。

金融機関は、このサブプライムローンを、分割して、証券化し、世界中に
売りさばいてしまった。分割して、証券化すると、ローンのリスクが、
見えにくくなるそうで、購入した方も、甘かったのだ。

さらに、アメリカが独占している、格付け機関が、これらのサブプライムの
住宅ローンの証券について、破格に、高評価して、みんな、トリプルA
(AAA)を付けたことが、サブプライム問題の発覚を、遅らせた、といえる。

一番悪いのは、アメリカの金融当局で、サブプライム問題で、金融危機が
迫っているのに、警告を発せず、楽観視していたことだ。

普通のサブプライムなら、問題ないけど、悪質のサブプライムに当たると、
最初に説明されない、法外な手数料を要求されて、返済不能となってしまう。
最初の数年間だけ、金利がかなり安いサブプライムもあり、
数年後に、金利が上がり、払えなくなってしまう人も、多かったという。
そして、家を売りに出して、借金を返済する事態になってしまったんだ。

アメリカでは、住宅価格が上昇している間は、自分の住宅を担保にして、
ローンを組んで、いろんなものを購入するということをやっている人も
多かったという。ところが、住宅価格が下がりだすと、途端に、
返済できなくなるアメリカ人が、急増したという。
その日暮らしのアメリカ人!!?

こういう期間が、極端に、早まって、住宅の売却後、2~3ヵ月で、
返済遅延になる人が、たくさん、出てきてしまったのだ。
アメリカでは、2~3ヵ月の超短期間で、住宅ローンが、返済遅延を
起こした場合、それを、買い戻さなければ、いけないらしい。
この買い戻す資金が無くなって、関係する金融機関は、次々と、
破綻していったのだった。

まあ、結局、うまい話は無くて、うまく立ち回った、悪徳ブローカーは、
大もうけして、サブプライムローンの証券を買った、金融機関は、破綻したり、
大損したり、したんだ!!

お金の無い、アメリカの庶民たちは、家を失い、住むところにも、
困ると言う、とんでもない事態が、発生したのだった。

この新書の著者は、アメリカの衰退について、いろいろ、書いている。
日本にとって、大きな影響がありそうなのは、アメリカ経済が衰退して、
アメリカ人が、車を買う余裕が無くなり、日本車を、買わなくなることだ。
その他、日本からのアメリカへの輸出が減れば、日本は、貧乏になることに、
間違いない。

もう1つ、著者が、警告しているのは、日本でも、サブプライム問題が
起きる可能性があり、と、いうことだ。
ものすごいバブルを経験した、日本人が、そんなこと、と、思いたいが、
金融の専門家の心配は、決して、杞憂じゃないような気がする。







nice!(0)  トラックバック(0) 

原子力発電 日本が世界をリードしているって、本当?? [事件]

2月19日の、NHKクローズアップ現代を見て、意外な話に、
私は、相当、驚かされた。
それは、日本の原子力発電の技術が、世界をリードしていて、世界各国から、
オファーが、殺到している、というから、凄い話だった。

日本は、第二次世界大戦で、長崎と広島に、アメリカによって、原子爆弾を、
投下された、歴史を持つ。世界で、原爆を落とされた国は、日本だけだ。

そんな日本が、水力発電や火力発電の限界から、何十年も前から、
原子力発電所の建設に、励んできた。建設する現地では、強い反対運動が
起きたり、放射能漏れ事故があると、マスコミなどで、大問題となってきた。

原発は、私の印象では、ネガティブなものだったし、それは、今も、変わらない。
やはり、ソ連のチェルノブイリ事故のように、原発で大事故が起きたら、
大変な被害が、発生することが、分かっているから。

この番組では、30年間、原発を封印し、その建設を凍結してきた、アメリカが、
方針を転換し、10兆円をかけて、33基もの原発を、アメリカ国内各地に
作るというのだから、凄い話だ。私は、全然、知らなかった。

で、この建設に、日本の企業が、受注しそうだ、というから、なお、興味深い。
なぜなら、上記したように、原爆を落としたアメリカへ、落とされた日本が、
原子力発電所を、建設するという、まさに、歴史の皮肉だからね。

日本の企業の中では、東芝が先手を打っていて、33基のうち、18基を、
受注しそうだ、と、いうことだ。東芝が、こんなに、優位に立っているのは、
2006年に、米国のウェスチングハウスという会社を買収し、世界で唯一、
沸騰水型と、加圧水型の両方の原発を、建設することが、
可能となったからだそうだ。

東芝というと、最近、DVDHDの撤退問題で、ニュースを賑わしている。
要するに、東芝がドジを踏んだ、ということだけど、原発では、うまいこと
やってきたんだ。

対抗するのは、日立-GE連合で、両社は、すでに、原発部門を
統合していて、5基の受注に、メドをつけている、ということだ。
あと、三菱重工業も、2基の受注に成功しそうだ、という。

番組では、アメリカへ輸出する日本企業の悩みとして、アメリカ国内に、
原発のノウハウを持つ企業が、ほとんど、いないことを、挙げていた。
そのため、そのケアをどうするか、日本企業は、その対応に、追われている。

東大の教授が出演して、なぜ、アメリカ市場が、重要なのか、を、解説していた。
それによると、アメリカの原発マーケットを、掌握すれば、世界市場で、
リーダーシップをとれる、ということが、大きいそうだ。

今後、原発は、カスタムメイドではなくて、スタンダードなものが求められ、
アメリカで、実績をあげれれば、それが、標準の原発になる可能性が高い。

日本では、今後、原発の建設が下火になるそうで、そうなると、海外で、
日本の企業が、原発を建設したり、メンテしたりすれば、日本の技術水準の
維持にも、役立つのではないか、ということだ。

日本が、世界へ向けて、原発の技術を提供していく場合、平和利用の問題が、
大きいことが、この番組で、指摘された。
原発技術は、核兵器製造の技術に、直結するから、平和利用の確保が、重要だ。
それは、被爆国日本の絶対条件でもある。私も、そう思う。

たとえば、ベトナムは、10年後に、原発を、国内に作りたいという。
これは、東南アジアへの、国際貢献だ。南アフリカも、日本へ、原発技術の提供を
求めている。うまくやれば、南アフリカの豊富な天然資源と、交換できる可能性が
ある。これらの国が、軍事目的に流用しないように、交渉していく必要がある。

やっかいなのは、すでに、核兵器を保有している国への、原発の技術の提供だ。
たとえば、ロシアは、チェルノブイリ事故以来、20年間、原発の技術は、
遅れに、遅れて、今では、日本の技術協力がなければ、どうしようもないところに
きているという。へえー、そうなんだ。

ところが、ロシアは、軍事用と、原発用の、核利用の区分が、曖昧で、日本は、
その切り離しを、要求しているという。なんか、怖い話では、ある。

もっと、やっかいなのは、経済発展が、著しい、インドだ。
インドは、大変な電力不足で、原発建設をしなければ、それが、解決しない。
しかしながら、インドは、1998年に核実験を強行し、核拡散条約にも入らず、
IAEAの査察も拒否しているという、核兵器的には、とんでもない国なのだ。

そんな国へ、原発の技術を提供したら、軍事目的に流用される恐れは、大きい。
番組では、発展するインドに、原発の技術提供を拒絶するだけでいいのか、
という、日本国内の意見もあるという。私は、今は拒絶した方が、いいんじゃないか、
と、思うけどね。今後、もし、核実験などをしたら、日本から、インドへの原発の
技術供与は、有り得ない、と、東大の先生は、強調していた。

私が、心配するのは、世界中に、原発を作って、その安全性は、大丈夫か
ということ。そして、核廃棄物の保管・管理も、大丈夫なのか、ということ。
東芝とか、日立という大企業は、金儲けだけ、考えているんじゃないの!?

すでに、PCなどのIT製品が、管理されずに、大量投棄されている、現実がある。
放射性廃棄物で、地球が、汚染されたら、もう、人類は、地球に住むことは、
できなくなる。

世界で唯一の被爆国の日本が、原発建設とその管理、安全性保証などに、
リーダーシップをとるべきだ、と、この番組は、締めくくっていた。
果たして、外交音痴の日本に、そんな大役が出来るだろうか???


nice!(0)  トラックバック(0) 

米大統領予備選 オバマの奇跡の快進撃 [事件]

2月14日の夜のNHKクローズアップ現代は、アメリカ大統領予備選で、
民主党の予備選の状況を特集していた。それを見て、予想外の状況に、
相当、驚いた私だった。

アメリカみたいな、人種差別の国、特に、黒人差別が激しい国で、
黒人の大統領が、誕生する可能性は、ゼロと思っていた。
だから、黒人のオバマ候補が、健闘しているという、ニュースを聞いても、
まあ、民主党は、クリントン候補で、決まりだな、と、思っていた。

ただ、ブッシュの好戦的で、ごり押しの政策に、日本も巻き込まれてきていて、
ブッシュとは違う、平和的な新大統領になって欲しいな、と、思っていた。
でも、民主党のクリントン候補が大統領になっても、共和党のマケイン候補が
大統領になっても、あまり、変わり栄えしないな、というのが、私の印象だった。

ところが、オバマ候補の演説を聞いていると、イラク戦争はやめよう、とか、
アメリカ人は1つになって、団結して、いい合衆国にしよう、と、言っていて、
この人が、新大統領になれば、日本に対する圧力も、軽減するかな、なんて、
ちょっと、期待してしまった。でも、大統領には、なれない・・・

この番組を見て、驚いたのは、オバマ候補が、奇跡の快進撃を続けていて、
これまでに、予備選に勝利した州は、20州で、12州のクリントン候補を、
大きく上回り、獲得した代議員数でも、クリントン候補を上回っているそうだ。

オバマ候補は、日本円で、500円とか、千円の小額カンパで、1ヵ月間に、
なんと、34億円も集めたというのだから、凄い話だ。
オバマ旋風は、もう、社会現象になっている、と、言ってもいいそうだ。

オバマ候補の選挙運動を支えているのは、「若い草の根パワー」である、と、
この番組では、指摘していた。
オバマ候補の、“Yes We can! ”という合言葉が、これまで、
政治に無関心だった、若者たちに、圧倒的な支持を、広げているそうだ。
アメリカという国を1つにまとめようというオバマ候補に、若者たちは、
やっと、希望を見出したのだ。

オバマ陣営の、若いボランティアが、票集めに、大活躍している映像が出て、
それを見て、私は、驚くともに、そういう若者に、感心してしまった。
年寄りよりも、若者のほうが、未来は、長いし、可能性大だ。
アメリカも、捨てたもんじゃないな、って、思ったよ!

オバマ陣営は、クリントン候補の地盤や、共和党の牙城にも、攻勢をかけている。
共和党が圧倒的に強い、保守的なネブラスカ州で、行われた、
オバマ候補の集会には、1万3千人も集まり、この地で、民主党の演説会が
開催されたのは、実に、40年ぶりだったそうだ!!!

オバマ候補の魅力について、米タイム誌の政治アナリストが出演し、
①非常にパワフルで、若い人を惹きつける魅力がある、②若い人に、政治を
身近に感じさせることが出来る人である、③政治が、世界をよりよいものする、
と信じさせることが出来る人である、④悲壮感がなく、政治を余裕で楽しめる人である、
などと、解説していた。
確かに、私が見ても、若いのに、しっかりした人物だなって、思うね。

一方のクリントン候補は、当初、資金力に勝り、オバマ候補を、甘く見ていたようだ。
女性中心の運動員たちが、経済の再生を訴えても、オバマ候補の草の根運動には、
かなわないのが、現実だ。

油断をして、従来型の選挙戦を、戦ってきた、クリントン候補は、予想外の苦戦で、
選挙資金がなくなり、クリントン候補が、自腹を切って、500万ドルも
拠出したという話は、とても、驚くとともに、クリントン陣営の敗色を、
象徴する出来事に思えた。

3月4日のテキサス州での予備選挙が、今後の大きな山場だそうだ。
米国で3番目の大集団で、228人もの代議員が、いるからだ。

しかも、ヒスパニック系が、30%を占めるため、ヒスパニック系に支持される
クリントン候補が、どこまで、巻き返すかが、焦点となっている。
でも、クリントン候補が、ヒスパニック系の支持者たちに、アメリカンドリームを
訴えるシーンは、かなり、時代遅れだなあ。

この番組では、オバマ候補の経験不足が、あまり問題になっていないことに、
疑問を投げかけていたが、これまで、経験ある人が、米大統領になって、
メチャクチャしてきたので、心あるアメリカ国民は、経験のあるなしは、
問題に、していないのだろうと、私は、思った。



nice!(0)  トラックバック(0) 

真っ「赤」なウソばかりでは、「福」も逃げる [事件]

赤福は、私の、好きな土産物の、1つだった。
京都や大阪などに、行ったら、必ずって言っていいほど、
この赤福を、お土産に、買って、帰ったものだった。
知り合いにあげても、みんな、大好きで、喜んでくれたものだ。

広辞苑をひくと、「赤福餅」が、掲載されていることを、知っているだろうか?
京都の「八橋煎餅」も、掲載されている。まあ、そんなことはどうでもいいが、
それだけ、赤福は、昔から、有名なお菓子だった、ということだろう。

ところが、その赤福に、疑惑が生じて、私は、まさか、あの赤福が、
と半信半疑でいたら、次々と、赤福の製造会社の不正というか、
顧客を裏切る行為が、明らかとなって、開いた口がふさがらなかった。

最初は、冷凍保存の話から、一部を再利用した話になり、挙句の果てには、
同じ赤福を、冷凍保存もせずに、製造日を偽装して、再出荷したなんて!!!???
あーあ、なんていうことだ!!

これで終わりかと思っていたら、出てくるわ、出てくるわ、
ホントに、ヒドイ話ばっかり!
製造した翌日や翌々日の日付を、製造日として、印刷するなんて、
これは、もう、確信犯的な、悪質な詐欺だよ。

それで、赤福の製造会社は、末端の職人の不正が、日常化していて、
組織的なものではない、と、断言したが、とんでもない!?
本社に、「コントロール課」なる専門部署まで設けて、
本社主導で、こんなインチキ、詐欺行為を、続けていたことが、判明したんだ。

大体、赤福は、新鮮な餡と餅だから、意味があるんで、
それを、ごまかしたら、赤福の価値自体が、ゼロになると、思わなかったのか???
赤福の製造会社の社員は、誰一人として、こんな不正行為を、
止めようとは、思わなかったのか?

数年前、伊勢・志摩に旅行に行き、伊勢神宮にも、立ち寄った。
そのとき、赤福の本店で、お皿に乗った、赤福を食べて、満足な気分だった。
しかし、もうこれで、その思い出も、悪夢となってしまった。
あの時の赤福は、新鮮なものだったのか、急に、心配になった。
まあ、もう、食べちゃったんだから、仕方ないけどね・・・・

実は、私は、少しの懸念は、感じていたんだ。
日帰りで、大阪へ行き、帰路に着こうとした、
夜の新大阪駅の売店で、あの赤福が、山と積まれていた光景に。

正直、あれが売れ残ったら、どうなるんだろう???
新鮮が命の赤福だから、当然、捨ててしまうんだろう。
でも、世の中、新鮮な食べ物は、売り切れることが、多いもの。
赤福の製造会社は、一体、どうやって、切り盛りしているんだろうって。

のけぞったのは、不二家の不正が発覚した時、
それを機会に、赤福の製造会社は、自らを正すのではなくて、
赤福の製造の不正・欺瞞・インチキ・ごまかしを、
会社ぐるみで、隠蔽しようとしたことだ。

それにしても、記者会見に出てきた、赤福の社長のひどさったら、なかったぜ。
まず、雰囲気に品位がないし、誠意がまるで感じられない、オッサンだった。
そして、何かを読み上げたり、言ったりしていたけど、
棒読みや感情の無いコメントで、自分が、何を言っているのか、
よくわからなかったに、違いない。

こんなガキみたいな、情けない人物が、社長をやっているから、
このような、馬鹿げた、背信行為を、正すことが、できなかったんだ。

赤福は、100年だか、何年だか、知らないが、
その長かった歴史に、幕を下ろして、製造を、やめるべきだ。
私は、もう、二度と、赤福は、食べない、と、誓った。







nice!(0)  トラックバック(0) 

調剤ミスによる男児死亡事件で薬剤師書類送検 [事件]

おとといの10月3日(水)、兵庫県警尼崎東署は、生後5ヵ月の男児を、
調剤ミスにより、薬物中毒死させた、県立尼崎病院の、薬剤師2人を、
業務上過失致死容疑で、書類送検した、という。

事件は、平成15年10月に起きているから、それから、ちょうど、2年間。
それぐらいが普通なのか、捜査が難航したのか、何があったのか、知らないけど、
随分、時間がかかるものだ!?

薬物は、何かというと、心不全などの治療で、有名な、ジギタリス製剤だ。
ジギタリスは、ゴマノハグサ科の植物の名前で、
和名は、キツネノテブクロ(狐の手袋)という。なんか、可愛い名だ。

紫色に咲く花が、小さな手袋みたいで、可愛い花なんだ。
この植物の葉に、心臓に効く成分があり、その乾燥粉末が、使われていた。
イギリスの民間薬から、発見された、という。

かって、アメリカで、運動中に、心臓に異変が起きて、倒れた大統領を
救ったのは、このジギタリス製剤だった。
このように、効き目はすばらしいが、毒性も強く、ジギタリス中毒と
呼ばれている。

さて、標記の男児死亡事件は、具体的に言うと、市販のジギタリス製剤である、
ジゴシン1000倍散を、10倍に薄めた、1万倍散を処方すべきところ、
誤って、市販の1000倍散を、そのまま、出してしまった、ということだ。

要するに、10倍多く、薬を出してしまった、ということだ。
そして、服用したのは、生後わずか5ヵ月の赤ちゃんだった!!!
乳幼児の薬物の適正量は、判断が難しく、医師や薬剤師も、迷うところだ。
いずれにしても、調剤ミスなのだから、担当の薬剤師が罪に問われても、仕方がない。

それにしても、1000倍散の瓶と、1万倍散の瓶を、取り違えるかなあ???
それも、薬の専門家の薬剤師が、二人とも・・・・・
まあ、業務上のミスや事故は、まさか、そんな、という事例が多い。
だから、危険予知とか、ヒアリハットなんかの訓練が、必要なんだけどね。

最近は、新薬が増え、ジェネリック医薬品も、幅を利かせているから、
調剤薬局は、多種多様の医薬品で、あふれかえっている。
1000種や2000種も保管している薬局は、ざらにある、という。

そんな数多くの医薬品の中で、包装や薬名が似ているもの、
同じ医薬品で薬の量が異なるもの、などなど、紛らわしいものが多い。
薬剤師が、しっかりしないと、調剤ミスが起こっても、不思議じゃない状況だ。

薬剤師とて、人の子、ヒューマンエラーは、避けられない。
だから、システムとして、調剤ミスを無くすようにしなければ、ならない。
薬をピックアップした薬剤師と、異なる別の薬剤師がチェックするのは、
今は、当然だけど、上記の事件では、チェックした薬剤師も、見逃してしまったとか。

このチェックを、なにか、ITを駆使して、機械化できないものか。
処方せん情報を、電子情報化して、ゲートに与え、ピックアップした薬を、
ゲートを通して、電気的に、正誤をチェックするようには、できないのか?
うーん、お金が、かかりすぎるかもね。非現実的かな。

私は、1000種を超える医薬品が、調剤薬局にあること自体が、問題だと思う。
つまり、薬が多すぎる。さらに、同じような薬(同種同効品)が多すぎる。
ジェネリック医薬品(いわゆる、物まね医薬品)も、種類が、多すぎる。
1つの先発医薬品に対して、20種以上のジェネリック医薬品がある場合がある!?

みんな、同じ医薬品である!!!!????  
なぜ、こんなに、必要か???
数を減らせば、調剤薬局における、調剤ミスは、必ず、減ると思う。
厚労省は、雑多な、製薬会社の保護ばかり、考えるのはやめて、
薬の種類を減らす政策を、とるべきだろう。





nice!(0)  トラックバック(0) 

時津風部屋殺人事件が示す相撲界の堕落 [事件]

なんとも、ひどい事件が、起きてしまった。
相撲部屋で、殺人事件だよ! 全く、信じらんねえぜ!

時津風部屋とかいう、名門の相撲部屋らしいが、
入門したばかりの、17歳の新弟子に、殴る蹴るの暴行を加えて、
殺してしまった、というのだから、あの刑事コロンボも、真っ青な事件だ。

誰か、止めるやつはいなかったのか、と思ったが、
驚いたのは、この暴行殺人事件を、時津風親方が、
率先して、実行していた、という事実だ。開いた口が、塞がらないぜ。
この親方は、ビール瓶で、この新弟子の額を殴り、額を割ったというのだから、
暴力団も顔負けの、暴力沙汰だ。

親方が、こんな暴力野郎だから、兄弟子達も、当然、そんな連中で、
金属バットや棒で、この新弟子をメッタ打ちにしたというのだから、
たまったもんじゃないぜ。

大体、相撲部屋の親方は、酸いも甘いも噛み分けた、苦労人がなって、
常識もあり、度胸もあり、男気もあり、と、私は、思っていた。

ところが、この時津風親方は、まだ息があった新弟子を介抱しようともせず、
救急車も呼ばなかったというから、もう、人間じゃあ、ないね!!!!
しかも、事件後、殺人を犯したことに反省もなく、
この新弟子の遺体を勝手に火葬にして、証拠隠滅を図ろうとしたり、
お金で、遺族を丸めこもうとした、というのだから、
もう、極め付きの、極悪人で、どうしようもない、犯罪者だよ、コイツは!!!!

すぐに、親方をやめるのが、相撲界にとって、重要なことだけど、
この時津風親方は、辞任する意向も、無いという。
最近、辞めるべきヤツが、ずうずうしく、居座ることが多いが、
安倍前首相が居座ったことが、悪影響を及ぼしているんじゃないかと、腹が立つ。

で、相撲協会の対応は、どうだったかというと、これも、最低!!!
事の重大さに気づいていないし、独自調査はしない、と、あの北の湖理事長が
ほざいた時には、のけぞってしまったぜ、おいらは。

北の湖は、現役時代、態度が悪いとさんざん言われた、最悪の横綱だったとかで、
そんなヤツが、理事長?、と思ってきたが、やはり、無理なんだよな。
態度悪かった北の湖が、態度悪い朝青龍を、しつけられる訳がない。

北の湖は、文部科学省に呼びつけられて、叱られて、態度を変更したみたいだけど、
小学生や中学生が、職員室に呼ばれて、叱られたみたいで、非常に恥ずかしい話だ。

ちばてつやさんのコミックに「のたり松太郎」という相撲コミックがあり、
その単行本を、友人から借りたことがある。
十代から、無法者で、乱暴者の松太郎は、学校でも、暴れ放題、
就職しても、問題を起こして、職を転々とする。

そんな松太郎が、動機は不純だが、大相撲に興味を持ち、相撲部屋に入門する。
ところが、乱暴者の松太郎は、兄弟子や親方にまでも、暴力をふるい、大騒ぎとなる。

大体、こんな内容のコミックだったが、このコミックの登場する大相撲の親方たちは、
皆、常識人であり、非常識で乱暴者の松太郎に、いつも、説教するという、設定だった。

でも、時津風部屋殺人事件で、良識あるはずの親方が率先して、殺人したとなると、
もう、この、「のたり松太郎」を読んでも、誰も、内容を理解できなくなるし、
コミックなのに、全然、笑えなくなる、と、思う。
空しい、寂しい話だよなあ、まったく。

相撲協会や、他の親方たちの反応が鈍く、マスコミや世論と、乖離があるのは、
他の相撲部屋でも、同じことが、起きていたのではないか、ということだ。
自分たちもやっていたから、時津風だけを責められない、だとすると、
オイオイ、ふざけんなよ!!!!!!!!
殺人事件だぜ、これは!!!!!!! と、怒鳴りたくなる。

仮病してサッカーした横綱が、反省せず、ファンや国民に謝罪できない、相撲界。
17歳という、将来ある青年を、親方以下が、なぶり殺しにする、相撲界。
理事長が、常識ある判断が出来ない、相撲協会。
そんな大相撲は、国技である資格はないし、全廃してしまえば、いい!!!!!



nice!(0)  トラックバック(0) 

最近、あきれ返って、超腹が立つ首相と横綱 [事件]

先日の参議院選挙で、自民党は、大敗した。
安倍首相は、国政選挙で、自分を取るか、民主党の小沢を取るか、大見得を切った。
それは、いい。勝つ勝算があってのことだろうし。

でも、国政選挙で、国民は、小沢を取ったのだ。
民主党は60議席も取ったのに、自民党は、たった、38議席だった。
とりわけ、1人区での惨敗は、今回の選挙を、象徴している。
自民党の大敗は、誰に目にも、明らかだった。

ところが、安倍は、大勢が決まる前に、早々と、続投宣言をしたのだった。
私は、かなり、驚いたね!!??
だって、夜8時の出口調査で、自民党の大敗は、確実だったし、
普通は、最後まで、見届けて、辞任するのが、責任ある人間のすることだ。

そして、安倍が、言ったことは、まだ、国民に信頼されている、だってさ!!??
えーーーーーーーーーーーっ、な、な、ななななにを、言ってるんだ!!!???
国政選挙で、民意は出ているのに、この無責任な、とぼけた発言は、なんだ!!!

まったく、潔くないこと、甚だしい!!!
恥を知れ、恥を知れ、恥を知れ、恥を知れ、だよ!!
こんな情けないヤツが、わが国の首相だ、つうんだから、恥ずかしいよ。

そして、選挙後、絆創膏の赤城を、更迭するんだから、あきれ返るぜ。
どの面して、そういうことできるんだ!
まあ、事務所費を、インチキしている赤城も、最低なんだけど、
自分が任命した責任を、棚上げして、更迭するも、ないもんだよ。
まず、自分が、やめるべきだろ!!!

そして、そんな安倍を、辞めさせられない、自民党にも、あきれる。
以前の自民党は、もっと、賢かったのに、いまは、聡明な人物が、いないんだろう。
このままでは、安倍の政治生命が、だめになるばかりでなく、
自民党自体が、ダメになる。

横綱・朝青龍って、品が無くて、前から嫌いだったけど、
こんなに、ひどいヤツとは、思わなかった。
ともかく、腰を痛めたとか言って、偽の診断書を出して、巡業をパスして、
故郷・モンゴルへ帰り、サッカーをしていた、というんだから、あきれ返る。

日本に出稼ぎにきて、日本の大相撲とお陰で、リッチになった朝青龍。
日本に感謝してこそ、当然なのに、日本人を騙して、いい気になっている。
とんでもない話だ。
巡業先の大相撲ファンは、もう、朝青龍は、来なくていい、と、怒っている。
そりゃ、当然だろう、馬鹿にするにも、程があるぜ!!

そして、日本へ戻ってきてからの朝青龍の態度にも、また、あきれ返る。
日本国民へ、心から、謝罪すれば、まだ、いいが、
いまだに、記者会見を、開いていないのである。

そんな朝青龍に対して、2場所の出場停止と減給を、相撲協会が決めた。
私は、引退すべきで、こんな処分は、甘い、と思っていた。
ところが、こんな事態になっても、記者会見はせず、
訳の分からない医師が、精神状態が悪いことを、代弁する有様だ。
そして、モンゴルへ、逃げ帰ろうとしている体たらく。

まったくもって、潔くない!!!
恥を知れ、恥を知れ、恥を知れ、恥を知れ、だよ!!
こんな情けないヤツが、わが国技の横綱だ、つうんだから、恥ずかしいよ。
きっぱり、謝って、引退するのが、横綱の花道というもんだよ。

そして、こんなヤツを引退させられない、相撲協会と、元朝潮の親方。
国技の相撲というのは、もっと、品格があったんじゃないのかな。
だから、以前は、そういうものを大事にして、すぐ、引退したと思う。

総理大臣と東の横綱という、いわば、日本を代表する、超有名人が、
こんな、恥ずかしいことを、繰り返して、反省する気も無い。
このまま、放置すれば、日本自体が、恥知らずの国になり、
厚顔無恥、かえるの面にションベン、の、どうしようもない国に、なる。


nice!(0)  トラックバック(0) 

ひき肉偽装 ミート×××社の社長の薄笑い [事件]

いやー、ひどい事件が、続発している。
東京・渋谷のスパでは、大爆発が起きて、人が死に、施設が跡形もない!
この破壊されようを見て、私は、最初、テロだと思った。
ところが、天然ガスが充満して、爆発しただと!!??

ニュースをいろいろ見ていると、どうも、天然ガスが無管理だったとのこと!
記者会見で、このスパの運営会社の女社長は、天然ガスについても、
その危険性についても、なにもコメントできず、絶句してしまった!
おいおい、温泉から天然ガスが出ることは、素人の私でも知っていたぜ。

駅前留学のNOVAでは、解約のトラブルが頻発していて、
NOVAが金を返さないで、英会話を習っていた人たちが、困っているという。
ティーチャーが少なくて、予約も取れないそうだ。

以前、友だちに、あの赤いウサギのぬいぐるみをもらったけど、
カワイイ顔して、詐欺をやっているとは、知らなかった!

最近の電車の釣り広告で、「英会話は60歳からがいい」、なんて、
NOVAが言っているので、嘘つけ! そんな訳ないだろうと、思っていた。
年寄り騙して、また、金をふんだくろうという、魂胆がミエミエだあ!!!
振り込め詐欺と、同罪だぜ!!!!

一番、頭に来たのが、北海道のミートホープ社の、ひき肉の偽装だ。
牛肉コロッケに、豚肉を混ぜていたというのだから、これも、詐欺だよ!!
しかも、賞味期限を過ぎた、腐った豚肉や、羊の肉まで、混ぜていたらしい!!!!
なにが、ミートホープだよ!!!  ミートデビルじゃ!!!  
夢も希望もない、全く、とんでもない話だよ。

で、それが、加ト吉とか、生協とか、味の素とか、名の通った会社に
納入されてたつーんだから、最悪だよ。
そういう会社は、どういう基準で、受け入れていたのか???

そして、このミート×××社の社長が、ひどすぎる。
記者会見で、薄ら笑いを、浮かべているんだ!!!!!
さらに、長男に、本当のことを言えと、促される、父親のバカ社長!!!
それを見て、私は、完全に、キレたね!!!

良心のひとかけらも無い悪魔が、社長をやってた日にゃ、
何がおきても不思議じゃない。
他のメーカーの冷凍食品が、賞味期限が切れているのに、
その賞味期限を書き換えて、再出荷していた、という。
あきれたもんだよ!!

まだまだ、ある。
国産鶏肉に、外国産鶏肉を、混ぜていたとのこと!
もう、なにをか、いわんやだ。

私は、今後、安い冷凍食品や、怪しい混ぜた肉類を、食べないことに
しようと思っている。でも、それで、防げるとも思わないけどね。
安いレストランの肉なんて、信じて、食べるしかないもんね。

なんで、こんな日本になってしまったのか?
今度のひき肉偽装は、内部告発があったらしいが、
それを受けた、国の役人も、北海道も、無視して、ほっておいたとか。
なんのために、国民や道民は、税金を払ってきたのか?????
これじゃ、ミート×××社が、つけあがるのも、当然だ。

そして、社会保険庁が、年金管理を、メチャクチャにして、
いいかげんにやっていることと、無縁ではないように思う。

偉いお役人でさえ、あんなに、いい加減なことをやっても、平然としている。
だから、民間の会社だって、いい加減なことをやったって、いいんだ、と。
ミートデビル社の社長の薄笑いは、そういう意味に、思えてしょうがない。





nice!(1)  トラックバック(0) 

どうでもいいけど、老害の極み「おふくろさん」騒動 [事件]

現在放送されている、NHKの大河ドラマ「風林火山」で、
仲代達矢さん演じる、武田信虎の老害ぶりが、話題となった。
残虐行為はするわ、戦争は好むわ、実の息子をイジメるわ、もう、したい放題だった。

信虎は追放され、しかも、何百年も前の話だから、どうでもいいけど、
この現代日本に、信虎にも劣らない、老害を撒き散らしている爺さんがいるとは、
まったく、驚いたね。
まあ、これも、私にとっては、どうでもいい事件なんだけどね。

それは、作詞家の川内康範とかいう爺さんのことだ。
もう80歳ぐらいだと、聞いた。
なんか、この爺さんが、自分が作詞したという強権を発動して、
歌手の森進一さんが、「おふくろさん」を歌えなくした、というのだ。

なんでも、森さんが、川内爺さんに声をかけないで、
「おふくろさん」の歌詞をモディファイしたことに、
爺さんが、腹を立て、もう、「おふくろさん」を歌うな、というのだそうだ。
作詞家には、法的に、そういう力があるとは、知らなかった。

私は、森さんのファンでもなければ、「おふくろさん」を愛唱歌にしているわけではない。
だから、どっちの味方でもないし、どうでもいいといえば、どうでもいい。
でも、80歳の爺さんと、50代のベテラン歌手が、何をやっているんだ、といいたい。

まあ、事の発端は、森さんだろうし、おそらく、森さんが悪いのだろう。
仁義を欠いたことに、川内爺さんが怒ったのも、分かる気がする。
でも、人間、だれでも、うっかり、変なことをしてしまうことはある。

問題は、80歳にもなる、いい年をした爺さんが、
謝りたいと訪問した森さんにも会わず、ただ、怒っているのは、
児戯に等しい愚行だ。

どんな善良な人間でも、怒ることはあるが、善良ならば、許すこともできる。
なぜ、川内爺さんが、森さんを許すことができないのか、全く理解が出来ない。
ただ、自分の気分で、わがままを押し通しているようにしか、見えない。

大体、「おふくろさん」は、歌手の森進一さんが歌って、有名になった歌だ。
川内爺さんが歌ったって、ヒットも、何もしなかっただろう。
それを、自分だけの手柄みたいに、考えているような、爺さんが、
とても、情けないし、みっともない。

結局、最大の被害者は、森進一さんが歌っている「おふくろさん」を
聴きたい、ファンの方々だ。
年代からして、50代とか、60代とか、70代が多いのだろう。
川内爺さんからすれば、人生の後輩ばっかりだ。
後輩に、これぞという生き様を見せるのが、人生の先輩の役割ではないのか。

先進国の仲間入りをした日本、といわれることも多い現代。
しかし、欧米では、作詞家と歌手が、対等だという。
作詞家の機嫌しだいで、歌手は、歌を歌えたり、歌えなかったり。
これじゃあ、日本は、封建国家と同じで、とても、先進国と言えないし、
世界に対して、とても、恥ずかしい限りだ。

私が恐れるのは、川内爺さんの真似をして、他の作詞家が、強権を使って、
私が好きな歌を、私が好きな歌手が、歌えないようになる事態だけは、
避けて欲しいね。
私の好きな歌は、演歌じゃないから、杞憂かもしれないが・・・・
ともかく、もっと、歌手の主体性を、尊重するような、日本に、なってほしいな。


nice!(0)  トラックバック(0) 

ハウスイチゴ食べ逃げの意外な犯人 [事件]

イチゴハウスの、たわわに実ったイチゴを、食べてしまう犯人。
誰だ! そんな美味しいことするのは!?
そんな記事が、2月21日の神奈川新聞に載ってました。

http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryxiifeb423/

で、その犯人のプロファイルだ。

http://www.ax.sakura.ne.jp/~hy4477/link/zukan/niku/0005hakubisin.htm

この犯人は、全国にいるようで、私は、よく知らなかった。
なんと、私が住んでる湘南にも、出現したことがあるとは!?

http://wps2187you.parfait.ne.jp/hakubisin.htm


nice!(0)  トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。