So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

YUI「LOVE&TRUTH」そろそろマンネリが心配 [音楽]

先月9月26日にリリースされた、YUIさんのニューシングルCD
「LOVE&TRUTH」を、買って、聴いてみた。

その前に、このCDの、YUIさんのフォトは、すぐには、
YUIさんとわからなかった。
肌の色は黒いし、その眼差しも、かなり、キツかったから。
YUIさんの、こんな顔は、嫌いだな。

映画「タイヨウのうた」のYUIさんは、色白で、ぽっちゃりして、
可愛かったのに、この変貌振りの元凶は、いったい、誰だ!!!
悪いオトコでも、出来たのか???

ま、それは、置いといて、このCDには、3曲収録されていて、
①LOVE&TRUTH、②Jam、③My Generation。
①は、言わずと知れた、行定勲監督の映画「Closed Note」の
主題歌として、YUIさんの作詞・作曲で、創られた。
メジャーになったね、YUIさん!

このCDは、初回生産限定版だったので、DVDが付いている。
ここに、YUIさんの映像がある、と思って見てみたら、甘かった。
映像は、全て、映画「Closed Note」のもので、
あの沢尻エリカさんが、映っていたんだ。

そういえば、この映画の初日舞台挨拶で、沢尻さんが、
ふて腐れた態度を取ったため、大騒ぎとなっているなあ。
もう、沢尻さんと言ってはいけないようで、沢尻女王様とか、
エリカ様と呼ばなくては、いけないみたいだ(汗)。

まあ、人間、一事が万事、という言葉があるように、
エリカ様のこういう態度は、それまでも、あったんだろうね。
そうじゃなければ、芸能マスコミが、こんなに大騒ぎするわけがないぜ。
それにしても、ファンが詰め掛けた、大切な初日に、こんなことをするなんて、
なんてヤツなんだろう!!!???

人気が出て、チヤホヤされて、自分が、なにか、偉くなったように、
勘違いする、愚か者が多い。長澤まさみさんとか、上野樹里さんなんかも、
そんなウワサが、あるようだ。

それにひきかえ、私が大ファンの、池脇千鶴さんの謙虚さは、
折紙つきだ。私は、近年の、池脇さんの初日舞台挨拶には、全部、行っているが、
池脇さんの、礼儀正しい、明るく真面目な態度には、いつも、感心する。

おーっと、いけねえ、いけねえ、YUIさんの話だったね。
①LOVE&TRUTH、②Jam、③My Generation
の3つだったね。
これは、見事に、違うタイプの歌になっていて、意識して、創ったように
感じた。

①は、YUIさんにしては、とても、スローテンポの歌で、
映画の雰囲気にも、合わせたと思うけど、映画見てないので、なんとも言えない。
音程も低音に絞った作戦のようだが、私は、YUIさんの超高音の方が、好きだ。

②は、逆に、とてもアップテンポな曲で、デビュー当時のYUIさんの
特長だった歌い方が、懐かしい感じだ。
でも、なんか、マンネリのようで、新鮮味が無かった。

③は、この3曲の中では、一番、好きな曲で、テンポもいいし、歌詞もいい。
YUIさんの可愛い、切ない、訴えかけるような、超高音が、とても素敵だ。
でも、この曲も、いままでの路線の延長上のような印象だった。

ちょっと、マンネリの危惧が感じられた、YUIさんの新シングルCD。
少し、仕事しすぎじゃないかな。
もう、メジャーへデビューして、橋頭堡を、しっかり築いたんだから、
充電を十分にして、10年、20年と、息の長い、シンガーソングライターを、
目指して、ほしいな。







nice!(0)  トラックバック(3) 

nice! 0

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。